女同士のロマンス

  • 投稿日:
  • by

会社ラブ(自社ロマンス)はビクビクドキドキするもので、友人たちの眼がとっても気になるショップ。しかも女同士のロマンスの場合は、どんどん日に日に気 を使ってパレないようにヌメヌメしなくてはなりません。こんな、とあるレズカップルの普通をご覧ください。 販売間の官能マガジン我が家・志麻(有沢)は新作を記す結果、最初ウィーク前から山里に建てられた湯屋で文をしていた。大自然の中での業務に起稿はすすむ もののどっか倦怠さを見紛う志麻だった。そんな中、湧き昇る欲情を鎮めきれず自らの夢物語でふと股間を弄って仕舞う志麻だったが...。日を追うごとにエスカ レートして行く志麻の欲情は下を知らず、ひいては「新作の参考にしたいから...」とやり直し奴の婚約奴に迫って赴き...。 就任すぐさま放課後のレクチャーで婦人校長の折檻レズもまん中悦びながら盛り込み、訓練を私物化やるPTA会長のデカマラ講習も太い唇と長い舌で咥え込 み、自ら白ムチ美ミルク警官ケツ体調を丸出し反抗。夜の保健室で桃色の肉壷をびしゃびしゃに濡らしてぬっちょり生でぱっくんちょ。汚エンゼルなちの果てし ない欲情が爆発します。 ≪マドンナ担当『大島優香』レズ解放作!!≫旦那の都内転勤が決まり、一足先に家探しの為に都内へやって来た旦那意識の献身的女性・優香。都会の人混みの 中にポツリと建つ空き家を見つけ恵理子と出逢う事になる。恵理子は東京に不動産を持つ地主で、当初は貸し渋っていた恵理子だったが優香を瞬間見分ける度態 度を一変するのだった。何も知らない優香は、恵理子の優遇をとっても喜んでいたのだが。その夜、汗だくで寝る優香のもとへ...。